ボタン

一般社団法人 いきいき終活ひろば

086-201-7999

受付時間/10:00~17:00(休日/日・祝)

メール
いきいき生活 ~健康編~  素敵な睡眠

いきいき生活 ~健康編~  素敵な睡眠

2020.06.14

最近、夜何回か目覚めることが、増えてきました。

今までは、寝つきもよく朝まで起きることなく、日々を過ごしてきたのですが、

少し暑くなってきたせいもあるのか、思うような睡眠ができていません。

原因として、思いつくことは

 

〝寝床に早く行き過ぎること〟

夕食を済まし、家事を済まし、後は寝るだけの状態に

自分自身を持っていっている気がします。

 

 

気が付いたら、8時間以上ベットの上で過ごしていることも。

眠くないのに寝ようとしている私がいます。

 

少し調べてみると

理想の睡眠時間は8時間。

でも、6時間でも十分、疲労はとれるらしいです。

 

ちなみに私の両親、父は夜9時に寝て朝3時起床。

母は夜12時に寝て朝6時起床。

同じ6時間睡眠でも、母は全然寝れないと言っております( ´艸`)

 

また更年期を迎える女性や閉経前の女性は、カラダ全体の筋肉が衰え、

気管が柔らかくなり、いびきをかきやすくなり、質の良い睡眠が出来なくなるのも一つの原因のようです。

 

いびき防止のための枕や口の内側を舌でぐるりとマッサージしたりする方法や

寝る前にストレッチなどをして、血の巡りをよくし、体温を上げると眠りやすくなるのかなとも思います。

「両手を上にあげて、肩を下げる」だけでも、お腹周りのストレッチになります。

 

眠くなったら寝る。眠たくなければ、寝ない

昼は活動

夜は睡眠

また

睡眠を良くするには体内リズムを整えて前の食事より10時間空けての朝食を心掛ける。

そうすることにより内蔵時計がリセットされるそうです。

一度、試してみては、いかがでしょうか?